RSS | ATOM | SEARCH
新しいこだま舎に向けて(『ほっとニュース』2016.12.22)

新しいこだま舎に向けて

篠島ゆき野

 

12月1日のほっとニュースにも記載の通り、来年の2月から徐々にカフェ ククルオーナーの小林さんにこだま舎の運営が引き継がれます。

そこで、12月8日夜にカフェククルにてスタッフの食事会兼顔合わせを行いました。

参加者:小林さん、山崎夫妻、三田親子、平尾さん、佃さん、篠島(子2名) 計8名

 

小林さんからは、現在の赤字打開策として、南区、港南区、中区に絞る、また取りに来て頂くお客様を増やして相手にもメリットを与える、ホームページやSNSでより間口を広げる、こだま舎のレイアウトを変えて入りやすくする、カフェと連動させるなど今ある状態を大きく変えることはせず、しかし新しい人がより入りやすい工夫をしていくことが大切なのではないかと話してくれました。

またカフェにくるお客さんもベジタリアンやヴィーガン、アレルギーがある人など、こだま舎の食材を求めている人はいるという明るい情報も。

皆さんの力でこだま舎を続けていかれればということでした。

山崎さんは、引退後は趣味に時間を使ってみたいそうです。長年自分に使う時間がなかったので、書道や読書会などを考えているそうです。

 

そして書かずにはいられないのが、今回のメニュー!

  1. ビーツのポテサラとえんどう&ブロッコリーの塩マリネ
  2. 青のり、マイタケ、豆腐のベジカキフライ
  3. 国産牛ホホ肉の煮込みwithマッシュポテト、さつまいも添え
  4. 玄米のガーリックピラフ
  5. 植物性油脂しか使っていないいちごの豆乳ロールケーキ
  6. 熊本の紅茶、コーヒー

    アルコール:シードル、井筒ワイン、ビール

お子様メニュー ミートスパゲッティ、南瓜のスープ、チョコクッキー

上記のメニューは予約が必要です。

 

小林さんの奥様のなおこさんが作っています。(芸人鬼奴の同級生だそうです)

これこそ外食の醍醐味!家では作れない手の込んだ味、そして時間をかけた料理の数々でどれも美味でした。

また子供用に小さい席とお子様メニューを用意して頂き、心遣いにこちらがホッコリしました。

こだま舎でもカフェククルのようなわかりやすいコンセプトと相手への心遣いで、これからまた新しいこだま舎を構築してくれるのではないかと期待しつつ、小林さんに全て託すのではなく、自分たちが出来ることをスタッフも模索。

私も一員として入れてもらえることを嬉しく感じ、子連れでできる事を考えていきたいなと思っています。

author:こだま舎, category:-, 08:47
comments(3), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:47
-, -, pookmark
Comment
何で牛肉を食べたあとに植物性油脂のみのロールケーキ?
牛肉を食べれるんだったら、牛乳やバターもOKでは?
植物性油脂のみのロールケーキにこだわる理由を教えて下さい。
野菜大好き, 2017/01/09 8:47 PM
野菜大好き様
 はじめましてカフェククルの小林貴徳と申します。まずは、コメントに気付かず返信がおそくなってしまった事をお詫び申し上げます。
 今回、牛肉を提供してからの乳製品を使用しないケーキをお出しした理由を知りたいというお問い合わせについてご説明させていただきます。
 ククルでは肉魚卵など動物性食材不使用の玄米菜食のランチやスウィーツを中心(肉・魚のメニューもございます)に提供しております。
 今回のこだま舎さんの場合、ベジタリアンの方もおらず貸切の特別メニューの為、こだま舎のコンセプト“生産者の顔が見える”食材でメニューを組ませていただきました。ただ、折角当店で食事をしていただいたのでククルの特徴である動物性食材不使用のデザートと自家焙煎珈琲を最後にお出ししたという流れです。
 野菜大好きさんというお名前から野菜や食材に思いがある方とお察しいたします。そんな野菜大好きさんがこのメニュー構成を見たら「はてな?」が並ぶかも知れません。ククルのコース料理はお客様のご要望(ヴィーガン料理・肉多め・和洋料理など)を聞いてからメニューを作りますので今回のような構成になる事もあります。このご説明で多少なりともご理解や納得はいただけますでしょうか。
 貴重なご意見ありがとうございました。今後も安心・安全で美味しい食べ物をご提供できるように“こだま舎”も“ククル”も精進して参りますのでよろしくお願い致します。
 
その他、ご不明点等ございましたらククルの小林までお問い合わせください。
 横浜市南区井土ヶ谷上町22-26
 045-711-9996
 カフェ・ククル 小林貴徳
 井土ヶ谷ククルで検索

 
カフェ・ククル, 2017/01/25 12:55 AM
小林様

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。
物作りは「思い」だと考えておりますが、小林様はファミリーレストランのように年齢を問わず全ての世代の方々に対して、美味しい食事を提供してあげたいという思いで今回のメニューを提供されたのですね。
ベジタリアンでなくても、動物脂肪不使用のデザートの方が美味しければ嬉しいですものね。
野菜大好き, 2017/01/27 10:47 AM









Trackback
url: http://kodamasha.jugem.jp/trackback/1734